ベトナムビジネスならLAI VIENにお任せください!入国許可、労働許可証、法人設立、現地調査、工業団地紹介などあらゆる業務に対応します!お気軽にご相談ください!

ベトナムニュース【新型コロナ】ホーチミン市の新規感染者数は横ばい傾向

(C)VNEXPRESS

ホーチミン市人民委員会のズーン・アイン・ドゥック副主席は、ホーチミン市の新規感染者数は、ここ最近横ばい状態になっており、直近では減少傾向に転じていると述べた。

これは、8月3日に開かれたホーチミン市の感染防止対策に関する記者会見でドゥック副主席が明らかにしたものだ。

ベトナム保健省の公表しているデータによれば、今回の感染拡大でホーチミン市の新規感染者数が最多だったのは、7月27日の6318人だ。それまで、毎日の新規感染者数は5000人を超えていたが、7月28日以降は、連日4000人程度となっている。

ホーチミン市疾病予防管理センター(HCDC)によると、ホーチミン市の感染状況は、改善の兆しを見せている。この成果は、安全エリアを守る自治管理モデルを通じた市民の努力と協力によるものであるのは間違いない。これまでの新規感染者は、その殆どが隔離地区か封鎖地域で確認されたものだ。

ドゥック副主席は、ホーチミン市の3段階5層治療モデル(通常は5段階治療と呼ばれる)の効果が現れてきているとの見解を示した。これまでに、ホーチミン市と中央省庁は、南部地域全体に医療を提供するために3000床のICU病床確保に焦点をおいて、5ヶ所のCOVID-19治療センターを建設している。

一方で、チョーライ病院熱帯病科のレ・クオック・フン医師は取材に対して、現時点では、ホーチミン市の感染状況がピークを越えたかどうかの判断は難しいとの見方を示す。ホーチミン市のここ数日の感染者数が横ばい状態となった原因には複数の要因が考えられるからだ。最も重要なことは、1日に4000人以上確認されている大量の新規感染者をいかにしてコミュニティから隔離するかで、それが感染者数を減少させるために重要だとしている。

最近になってホーチミン市内でCOVID-19ワクチンを接種した人が増えてきたことも、感染拡大リスクを減少させることに貢献している。さらに、市内の地方出身者が帰省したことも新規感染者数の減少に関係していると思われる。しかし、これは一方で地方での新規感染者増加につながっているとの見方もある。

「これらのことは、ホーチミン市の新規感染者数の減少に関係しているでしょう。しかし、それはまだ横ばいになっただけで、今後本当に新規感染者数が減少していくかどうかは、今後1,2週間の状況を確認する必要があります」とフン医師は話す。

フン医師によると、今回のデルタ株は感染スピードが非常に速い。これまでのような、行動履歴調査、追跡、ゾーニング、隔離といった方法では、以前のように感染拡大状況を止めることはできず、せいぜい感染拡大を少し遅らせる程度にしかならない。

「現時点での最も有効な措置は、5Kルールの遵守とワクチン接種の加速です。また、感染防止対策と並行して患者の治療にも集中する必要があります」とフン医師は話す。

フン医師によれば、毎日4000人以上の新規感染者が確認されており、病院は建設したところからすぐに満床になっている。一方で重篤な症状の患者は、治療を受けてから回復するまでに約2週間程度かかる。そのため、いくら新規に病院を建設しても感染者数の増加状況に対応しきることは不可能となる。

フン医師によるとホーチミン市は重傷者の治療用にICUセンターを多数準備しており、これは死亡率の低下に非常に重要な役割を果たしている。しかし、最も重要なことは、重症になってから治療するのではなく、患者を重症化させないように、重症化の傾向のある患者の早期治療と回復に集中することだ。多数の患者が一気に集中すれば、医療がどれほど頑張っても、患者の健康を守ることは難しくなる。

「階層化された治療システムを円滑かつ効率的に運用するためには、治療の初期段階から患者の容体レベルを正確に判断して、各レベルの病院へ連絡できるように治療体制の改善に集中しなければならない」とフン医師は強調する。さらに、COVID-19の治療に有効な治療方法や治療薬を探しだし、重症化率を低下させなければならない。

フン医師によると、チョーライ病院でのこれまでの治療実績では、2種類の抗炎症薬と抗凝固薬で治療効果が発揮され、多くの患者の命を救っているという。チョーライ病院では、この成果を保健省に報告し、他の病院にも情報を共有しているそうだ。

ホーチミン市共産党委員会のファン・バン・マイ常任副書記によると、ホーチミン市は、患者を重症化させたり死亡させないために日々、患者の受け入れ能力を改善し続け、不合理を是正し、患者の受入れが手遅れにならないよう努力していると強調した。

「重症患者の治療と死亡率の低下こそが、現在のホーチミン市の最大の課題です」と同じ8月3日の記者会見でマイ副書記は話している。

ホーチミン市は、保健省の特別作業部会に対して治療モデルの第3段階、第4段階、第5段階の連携をサポートし、重症化率と死亡率を下げるために迅速に治療方法を指示するよう要請している。

出典:04/08/2021 VN EXPRESS
上記を参考に記事を翻訳・編集・制作