ベトナムビジネスならLAI VIENにお任せください!入国許可、労働許可証、法人設立、現地調査、工業団地紹介などあらゆる業務に対応します!お気軽にご相談ください!

ベトナムニュース【経済】コンテナ不足解消なるか?港に放棄されたコンテナ開放を提案

(C)VNEXPRESS

海上運賃の値上げに関する政府機関との会議で、海運会社は、空コンテナの不足は、少なくとも3月末までは続く見込みで、世界的なCOVID-19の感染拡大状況が終息しなければ2021年の第2四半期末まで続く可能性があると指摘した。この状況を改善するために、海運会社は、政府機関に対して港に放棄されている数千台のコンテナを開放するように提案した。
放棄されたコンテナとは、誰も引き取りに来なかったり、輸入禁止条例に違反したために荷主が受け取りを拒否したコンテナである。税関総局によると、各港で90日以上放棄されているコンテナが3300台以上あるとのことだ。

物流企業の説明によると、COVID-19の影響によりコンテナの商品引き渡しとコンテナの戻しにも遅れが出てきている。またアメリカとヨーロッパ向けの輸出量が急激に増加していることもコンテナ不足に拍車をかけている。海運会社によるとベトナムからの船便の数自体は減少していないが、深刻なコンテナの不足が現在のコンテナ価格状況を生み出しているとのことだ。

水産品、プラスチック製品、木材製品などを輸出している企業によると、コンテナ費用は、3か月連続で上昇している。ベトナムからイギリスへの40フィートコンテナの費用は、当初1000ドル未満の値上がりであったが、最近では8~10倍にも膨れ上がっている。

ベトナムプラスチック協会(VPA)のフイン・ティ・ミー事務局長によると、最近のコンテナ費用の上昇は、プラスチック企業に深刻な影響を及ぼしており、輸出総額も大幅に減少している。多くのプラスチック輸出企業は、ほとんど利益なしで商品を輸出しているが流通状況は非常に遅く、昨年に比べて在庫量が最大50%も増加している。
ミー事務局長によると、VSIP工業団地に入居していたインドのプラスチック製造企業が以前ほど製造コストが抑えられないうえに、物流コストの上昇によって輸出が難しくなったとして昨年末にベトナムから撤退したとのことだ。
「VPAは、海事局に対して、海運会社の貨物輸送料金計算方法を見直し、関係機関と協力して貨物料金体系が維持されているかの検査を実施するように提案しました。同時に現行の法令では、コンテナの海上輸送料金の規定違反に対する罰則が規定されていないことを見直し、400%の値上げといった異常事態が繰返されないようにする必要があります」とミー事務局長は話す。

ベトナム海事局のホアン・ホン・ザン副局長によると、輸出企業からの不当な輸送費用の値上げに対する苦情を受け、海事局として海運会社に対して、明確な貨物輸送費用の公表を文書で要請した。
同時に海事局と輸出入局は、この要請に基づき北部の海運会社、輸出業者、協会と会議を行ったが、2週間以上経っても海運会社から明確な回答は提出されていない。
「コンテナ費用の値上げは、市場の需給バランスによって生じたものですが、海運会社は、市場価格の透明性の観点からも海事局の要請に応じる必要があります。一方で港に放棄されたコンテナの開放に関しては、色々と検討しなければならない事項があり、すぐには対応できません。」と説明した。

一方で、輸出入局のチャン・タン・ハイ副局長は、輸出企業に対して、COVID-19の感染状況によってこのコンテナ不足が長期にわたる可能性があることを考慮し、準備を進めるようにアドバイスしている。これを受けて輸出企業は、顧客と相談の上で輸送スケジュールの見直しを行い、同時に海上輸送への依存度を抑えるために鉄道によるヨーロッパへの輸送を検討し始めている。

出典:13/01/2021 VNEXPRESS
上記を参考に記事を翻訳・編集・制作