ベトナムビジネスならLAI VIENにお任せください!入国許可、労働許可証、法人設立、現地調査、工業団地紹介などあらゆる業務に対応します!お気軽にご相談ください!

ベトナムニュース【社会】ハノイ、7月13日0時からレストラン、美容院などの営業停止へ

(C)ZING NEWS

制限の緩和から2週間、ハノイ市は、市内の感染者が急増している状況を受けて、サービス業と飲食店を再度厳しく制限しなければならなくなった。

7月12日の午後、ハノイ人民委員会のチュー・ゴック・アイン主席は、7月13日の0時以降、全てのレストラン、食堂、理髪店、美容院の営業を停止させる文書に署名した。但しレストランなどのテイクアウトサービスについては、営業活動が認められている。

ハノイ市は、公園、花壇およびその他の公共の場所で、スポーツ、ゲーム、集会をおこなうことを引き続き禁止する。

さらにハノイ市人民委員会は、ホーチミン市および、ベトナム保健省のホームページに掲載されている感染拡大地域からハノイ市に来た全ての人に対して、感染防止策を強制的に適用するとし、直ちに最寄りの行政機関へ報告するよう求めた。

市町村レベルの人民委員会は、14日間の自宅隔離の決定と管理をおこない、もしも対象者が発熱、咳、のどの痛み、息苦しさ、味覚障害などの症状が出た場合には、健康管理ガイドラインの説明を受けるために、最寄りの医療機関へ直ちに報告しなければならない。

ハノイ市は、ホーチミン市から来た人に対してWEBサイト(www.tokhaiyte.vn)またはNcovi、Bluezoneといったアプリによって医療申告をおこない、ハノイへ来る3日前までの陰性証明を所持しなければならないとしている。既にハノイで陰性証明を受けている場合でも、上記の感染拡大地域へ行った人はハノイに戻る前に必ず陰性証明を取得する必要がある。

ハノイ市警察は、大通り、交差点、内陸水路、埠頭、長距離バスターミナル、空港に検問所を設置するために、各行政機関と協力する。この検問所では、出入りする全ての市民と車両をチェックしなければならない。検査結果証明書を確認し、他の省や都市からウイルスが侵入するのを防ぐために、スクリーニングを積極的に実施する。

ハノイ市人民委員会は、職場、病院、学校を除く公共の場所に10人以上集まる行為、公共の場所でのスポーツ活動、感染対策を厳格に実施していない屋台、路上カフェ、サービス施設などを厳しく取り締まる。

ハノイ市は、違反行為の罰金を最高レベルに引き上げ、サービス施設の閉鎖を求め、複数回にわたって違反を繰り返した事業者にはライセンスの取り消し措置を検討する。市町村レベルの人民委員会は、各事業施設への草の根レベルでの感染防止対策についての通知を強化させ、違反行為を迅速に摘発するよう努力する。

ハノイCDCの報告によると、7月5日から12日までの陽性者は50人となっている。最も多いのがバクザン省から来たSEI社関連の22人で、他にホーチミン市関連が18人、ダナン市関連が1人などとなっている。

7月7日の午後、ハノイ市人民委員会は、職場、学校、病院以外の公共の場所で10人以上が集まることを禁止する公電を公布した。飲食店やサービス施設は、感染防止対策を厳格に遵守し、21時までに閉店するように求められていた。

7月7日の18時から、ハノイ市はホーチミン市および、その他の感染地域からハノイへ入った人に対して、医療申告と7日間の自宅隔離を強制することとした。また7月8日の18時からは、屋外でのスポーツ活動も禁止された。

ハノイ市は、2週間前に条件付きでレストランやバーの活動再開を許可した。しかし一部の飲食店では、距離の確保、パーテーションの設置、21時までの営業時間などのルールが守られていない状況続いていた。

出典:12/07/2021 ZING NEWS
上記を参考に記事を翻訳・編集・制作