ベトナムビジネスならLAI VIENにお任せください!入国許可、労働許可証、法人設立、現地調査、工業団地紹介などあらゆる業務に対応します!お気軽にご相談ください!

ベトナムニュース【新型コロナ】バクザン省の労働者300人以上が陽性、保健省が緊急会議招集

(C)BO Y TE

ベトナム保健省のバクザン省特別作業部隊は5月25日の午後までに300人以上の労働者のCOVID-19陽性を確認したと発表した。

今回確認された陽性者は、過去3日間にわたって保健省がバクザン省と協力して全ての工業団地、工場、宿舎などで労働者を対象に実施した緊急検査によって確認されたものだ。陽性となった労働者は全て首相指示16号に基づいて社会隔離施設に留められ、看視対象下に置かれている。

中央衛生検疫局のチャン・ニュー・ズーン副所長によると、今回の陽性患者の感染源は、工業団地内の工場または、労働者の宿泊施設にあるとみられている。工場や宿舎の内部は密集状態になりやすく、インド型の変異ウイルスは、こういった空気環境で非常に素早く広範囲に感染を広げることが判っている。

ベトナム保健省は、バクザン省で感染防止対策を指導している特別作業部隊に対して、直ちに労働者の全ての住居を”凍結”するよう指示した。特に多くの労働者が生活している労働者用宿舎では、厳重な隔離条件を確保しなければならないとしている。また、これらの場所を集中隔離施設とみなして集中隔離条件を適用するとしている。ベトナム保健省は、居住者を絶対に部屋や建物から外部に出さないようにし、安全が確保されるまで定期的な検査を継続的に実施するよう指示している。

現在、保健省は、バクザン省特別作業部隊および、バクザン省保健局と緊急会議を開催している。

5月25日の昼頃まで、バクザン省では1156人の感染が確認されており、このうち25日の午前中だけで132人の感染が確認された。これはこの地域での1日に確認された感染者数としては過去最多の数字だ。現在バクザン省は、今回の感染拡大で最も危険な地域になっている。

出典:25/05/2021 VNEXPRESS
上記を参考に記事を翻訳・編集・制作