ベトナムビジネスならLAI VIENにお任せください!入国許可、労働許可証、法人設立、現地調査、工業団地紹介などあらゆる業務に対応します!お気軽にご相談ください!

ベトナムニュース【社会】ホーチミン市タオディエン地区で韓国料理レストランが全焼

(C)ZING NEWS

3月18日の昼頃、トゥードゥック市のタオディエン地区にある韓国料理レストランから激しい火の手と煙が吹き出し、多くの従業員と客が逃げ出した。

11時30分頃、ホーチミン市の高級住宅エリアとして有名なタオディエン地区にある韓国料理レストランPlan-Kの厨房で火災が発生した。従業員と食事中の客など数十人が慌てて外へ逃げ出した。一部の従業員が小さな消火器で火災を食い止めようとしたが、火の勢いは止められず火災が拡大した。

火事による炎は、あっという間にレストランの3階部分にまで達し、屋根が焼け落ちた。火災による煙が数十メートル上空まで立ち上り数キロ離れた場所からも確認された。

「私が2階でテーブルと椅子の準備していた時に下から煙がのぼってきました。すると外から多くの人の叫び声が聞こえたので、急いで外へ逃げだしました」と店の従業員はその時の様子を話してくれた。

このレストランは10時から営業開始しており、客の多くが外国人であった。

消火活動にあたるため10台近い消防車と数十人の消防隊が出動した2台のはしご車が屋根に向かって放水を行うなどの消火活動にあたった。

約1時間後に火事は消し止められたが、建物は全焼した。

従業員によると厨房でガスを使って肉を焼いているときに火災が発生したとのことで、警察と消防が火災の詳しい原因と被害状況を調査している。

ベトナム南部は乾季のピーク時期に入り、火災や爆発が起きやすくなっている。ホーチミン市では、3月13日から15日にかけて家具店、ステンレス加工工場、食品加工工場、個人住宅などで連続して火災が発生している。

出典:18/03/2021 VNEXPRESS
上記を参考に記事を翻訳・編集・制作