スマホとSNS

ベトナムでは93%の人が携帯電話を持ち、そのうちの55%はスマートフォン(スマホ)という調査結果があります。

特に若者にはスマホが普及しており、持っていない人はいないと思えるほどです。

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は日常的に利用されており、「Facebook」と国産アプリの「Zalo」の利用者が多いです。

若者の間では電話やメールでなく、これらのメッセンジャーを使ったコミュニケーションが一般的です。

SNS以外ではWebサイトでの情報検索の他、ECでのショッピング、食事や商品のデリバリー(配達)、ライドシェアなど、様々なサービスをスマホから利用しています。

ハノイやホーチミンなどの都市部では、レストラン、カフェ、ホテルなど多くの場所で無料のWi-Fiを利用できます。これらもスマホの利用を支えています。