ベトナムビジネスならLAI VIENにお任せください!入国許可、労働許可証、法人設立、現地調査、工業団地紹介などあらゆる業務に対応します!お気軽にご相談ください!

ベトナムニュース【経済】ダラットの高速道路に自動料金システム(ETC)を導入

( C ) BAO TUOI TRE

ダラット空港から市内を結ぶ高速道路に自動料金システムが導入された。

12月14日、ダラットの空港と市内を結ぶリエン・クーン‐プレン高速道路の主要投資家であるHung Phat社は、同高速道路のディン・アン料金所に4レーンの自動料金システム(ETC)を導入したと発表した。計画によると最終的にETCレーンは上下線合わせて6レーンになる予定だ。
このETCレーンの導入計画は、ソフトウェア設備の導入に130億VND、料金所の建設と運営に60億VNDの併せて190億VNDが投資される予定で、投資額は、料金所で徴収した料金から回収していく予定だ。

第一段階で4レーンを運用開始し、残りの2レーンは2021年3月末に導入が予定されている。これは、ETCを利用するために必要なE-tagをまだ車体に搭載していない車両に対して法律の規定する猶予期間が設けられているためだ。
ベトナム高速道路管理団体によると、2021年末までにBOT(Build-Operate-Transfer)方式の高速道路料金所を通過する全ての車両に対して無料でE-tagを搭載するとしている。2022年以降は、E-tagを搭載せずにETCを通過した車両は議定100/2019号の規定により100万~200万VNDの罰金が科されることになる。

出典: 14/12/2020 – BAO TUOI TRE
上記を参考に記事を翻訳・編集・制作