ベトナムビジネスならLAI VIENにお任せください!入国許可、労働許可証、法人設立、現地調査、工業団地紹介などあらゆる業務に対応します!お気軽にご相談ください!

ベトナムニュース【COVID-19】ハイズン省で新たに37人の陽性確認

(C)VNEXPRESS

保健省は、2月4日にハイズン省で新たに37人の陽性を確認したと発表した。今回の陽性者は全てチーリン市の工業団地の労働者であった。

今回の陽性者37人(患者番号1912から1948番)は、チーリン市で最初のクラスターが確認された時点から隔離されており、市中で感染を拡大させた可能性は低い。なお、この37人は1月28日に検査を受けた時には全員が陰性であったが、2月3日に2回目の検査を受けたところ陽性が確認された。

1月28日から2月4日までの8日間に確認された感染者数は、10市・省で366人となった。内訳は、ハイズン省277人、クアンニン省42人、ハノイ21人、ザーライ省14人、ビンズン省4人、バクニン省3人、ホアビン省2人、ホーチミン市1人、ハイフォン市1人、バクザン省1人だ。

ベトナムでこれまでに確認された感染者数のトータルは1948人でそのうち1461人が退院済み、35名が死亡となっている。入院治療中の患者の殆どは容態が安定しているが、この中で1回目の検査で陰性とされた患者が3人、2回目の検査でも陰性とされていた患者が7人、3回目の検査でも陰性とされた患者が2人存在している。

現在、濃厚接触の疑いまたは、海外からの入国によって隔離されている人の数は4万8000人にのぼる。そのうち378人が病院での隔離、2万2000人が集中隔離施設での隔離となっており、残りは自宅または、宿泊施設での隔離となっている。

保健省では、2021年1月中にハイズン省チーリン市のコンホア工業団地で働いたことのある人および、1月15日から現在までにクアンニン省のバンドン国際空港を利用した人に対して、至急最寄りの医療機関か保健省のホットライン(1900.9095)へ連絡するように呼び掛けている。

統計によると、これまでに全世界で1億人以上がCOVID-19に感染し、220万人以上が亡くなっている。感染者数が最も多いのはアメリカで、インド、ブラジルがその後に続いている。

出典:04/02/2021 – VN EXPRESS
上記を参考に記事を翻訳・編集・制作