ベトナムビジネスならLAI VIENにお任せください!入国許可、労働許可証、法人設立、現地調査、工業団地紹介などあらゆる業務に対応します!お気軽にご相談ください!

ベトナムニュース【社会】メコンデルタの多くの省で塩害により緊急自然災害宣言を発令

( C ) SAI GON GIAI PHONG

2月1日、メコンデルタ地方の多くの省がレベル1の塩害の発生により、緊急自然災害宣言を発令した。

ロンアン省の自然災害防止委員会は、チャウタン県のバン・コー・タイエリアで内陸部45㎞、タンチュー県のバン・コー・ドンエリアで、49㎞内陸まで、1リットル当たり4gの塩水が浸透してくると予測した。

干ばつと塩害の被害が広がる状況を受け、ロンアン省人民委員会は、レベル1の塩害発生による緊急自然災害宣言を発令することを決めた。

ティエンザン省もレベル1の塩害発生による緊急自然災害宣言を発令した。この決定をうけ、各市町村の人民委員会と関連する政府機関は、塩水被害の防止対策、農業保護、資産養殖業保護、住民への給水の確保について対策を実施する必要がある。

ソクチャン省給水所のダン・バン・ゴー所長は、「2021年の塩害を受けて、給水所から地域住民に淡水を供給し続けるために、給水所の貯水池を改修し、貯水量を10万㎥から18万㎥へ拡張しました」と話す。

「緊急自然災害宣言の発令によって、塩害の深刻な地域における家庭用水の不足を解決する必要があります。」とソクチャン省ロンフー県党委員会のグエン・タン・フン書記は説明する。ソクチャン省では、農家に対して2020年に引き続き2021年の塩害も深刻化する可能性が高いとして、短期畑作物への転作を推奨している。

南部灌漑科学研究所は、中国のカンホン水力発電所の放流の減少が、メコンデルタ地域の水源に影響を及ぼし、旧正月付近で塩分濃度が高くなる傾向があると指摘している。

メコンデルタ地域の各省では、今後の塩害の防止対策として、作業システムの合理的な運用、取水能力の向上、排水の制限、乾季における長期的な生活用水と農業用水の確保などに取り組む必要があるとしている。

出典: 02/02/2021–SAI GON GIAI PHONG
上記を参考に記事を翻訳・編集・制作