ベトナムニュース【社会】カラオケの騒音地獄、殺人事件まで発生

( C ) BAO TUOI TRE

今年初旬、カントー市在住のある男が家で酒を飲み、スピーカーを設置してカラオケを歌いだした。家族がカラオケの音がうるさいと注意したところ、逆上したこの男は義父を負傷させ、弟の妻を刺し殺した。

カラオケの騒音が原因の殺人事件は、これが初めてではない。過去何年にもわたって、カラオケを原因とした殺人事件や傷害事件が発生しているのだ。
多くの地域では行政機関が隣人に迷惑をかける大音量のカラオケを控えるように指導しているが、カラオケの悪夢は終わらない。

カラオケの騒音に対しての罰金は通常10万~30万VND程度で、カラオケ愛好家のカラオケを止めさせるには十分とは言えず、隣人たちは、今日もカラオケの拷問に苦しんでいる。

カラオケで隣人からクレームが出た人の多くが人民委員会や地域の公安に対して、カラオケで騒音を出さないという誓約書を提出している。しかし、ビールやお酒を飲むと、すぐにスピーカーを取り出して、隣人への拷問を始めるのだ。

2020年7月の会議でホーチミン市人民評議会は、カラオケ騒音問題の解決策について話し合いを行った。
会議の最後にホーチミン市天然資源・環境局のグエン・トアン・タン局長は、天然資源・環境局の騒音問題の処理責任を定めた2016年の議定155号および、公安局の騒音問題処理責任を定めた2013年の議定167号に基づきこの問題に適切に対応すると約束した。

大声でカラオケを歌うことはもはや些細な問題ではなく、人々の生活空間を破壊し、時には殺人事件にまで発展する社会問題だ。そのため、天然資源・環境局、文化・情報局、公安などは協力して、この問題を解決できるように努力しなければならない。

政府機関の適切な対応方法が決まるまで、近所の人がお酒を飲みながらカラオケをはじめたら、地域の警察に通報するかその場から立ち去ってください。決して面と向かって直接注意をしてはいけません!

出典:22/02/2021 – BAO TUOI TRE
上記を参考に記事を翻訳・編集・制作