ベトナムビジネスならLAI VIENにお任せください!入国許可、労働許可証、法人設立、現地調査、工業団地紹介などあらゆる業務に対応します!お気軽にご相談ください!

ベトナムニュース【新型コロナ】多くの省と市で市中感染の割合が増加

(C)VNEXPRESS

8月25日のホーチミン市の市中感染の割合は84%となり、ハノイ市は78%、ダナンは64%となった。

8月25日、ホーチミン市の新規感染者数は5268人でそのうち84%の4413人が市中感染だった。エリア別でみると、感染者の多い順からタンビン区(517人)、ビンタン区(388人)、ホックモン県(382人)、7区(348人)、12区(277人)、トゥードゥック市(256人)、ビンタイン区(255人)となっている。ただし一時的に市中感染の割合が増加するというのは、ホーチミン市の以前からの予測通りではある。

過去2日間で、ホーチミン市は50万件を超える簡易検査サンプルを採取している。一方で、10日前は一日あたりのサンプル採取件数は1万から1万5000人に過ぎなかった。ホーチミン市では、今回のサンプル採取と検査終了後にグリーン、イエロー、オレンジ、レッドの分類状況を再度見直す。

「誰もがその場にとどまる」という厳しい3日間が経過し、市内の交通量は90%減少した。買い物代行部隊が、市内の人口の1/5をサポートしている。軍が食料の配給を担当し、軍の医療部隊が自宅療養のF0を治療するなど市民に安心感を与えることで規制の厳格な実施を実現している。各部隊は、400台の移動式医療ステーションを稼働させ、自宅隔離中のF0の治療と市民の健康診断とワクチン接種をサポートしている。

ホーチミン市内の物資の配給に関して、農業農村開発省の970作業部会が9月6日までの2つの方式を提案した。一つ目は作業部会が市民の需要の100%に対応するもので、作業部会が各企業や共同組合と連携して1日あたり1万200トンの食料を提供する。もう一つの方法は、作業部会が半分を担当し、残りはスーパーマーケット側が手配する。

市内の治安に関して2日間のパトロールの結果、300人近くの路上生活者などを避難所に収容した。これらの人々は食事が提供され、3日に一度COVID-19の検査を受ける。また100人近くがワクチン接種を受けた。検査によって陽性が確認された一部の人は治療施設へ送られた。

市中感染者数が依然として高いことを受け、ダナン市の110万人の市民は、更に10日間”誰もが家にとどまる”という方針が継続される。8月25日ダナン市では162人の新規感染者が確認され、そのうち64%にあたる104人が市中感染だった。特にハイチャウ区のホアクーン卸売市場で発生したクラスターは、発見から2週間で累計感染者数が1300人まで増加している。

今後の10日間で、ダナン市は3回目の全市民検査を実施する。ダナン市は、感染リスクに応じて地域を3段階に分類する。最も危険なレッドゾーンは、14日間封鎖される。イエローゾーンの住民も自宅待機が求められ、グリーンゾーンであっても首相指示16号の強化対策が適用される。

社会隔離期間の延長を受け、ダナン市は110万人の市民へ食糧を供給することが難しくなってきている。市内の人口の80%に食料を提供してきた卸売市場、漁港、食肉加工場が全て閉鎖されているからだ。これらの任務がスーパーマーケットやコンビニエンスストアに割り当てられたが、食品配送の物量とマンパワーを最適化する計画が無く、商品の配送に遅延や不足が発生してきている。

ダナン市以外に他のいくつかの中部の省でも新たに感染者が確認されている。クアンビン省はドンホイ市の漁港で16人の陽性が確認された。この漁港は市内中心部に位置する大型漁港で、多くの仲買人が交流しており、感染拡大リスクが非常に高い。クアンビン省では、この地域の住宅エリアを封鎖し、11人の陽性者に関連して数千人規模の検査を実施した。当局は、今回の感染がダナンの漁港から輸送された氷に関連しているのではないかとの見方を示している。

同じく8月25日にタインホア省は、ノンコン県の感染防止対策を社会隔離措置から地域封鎖にグレードアップさせた。人口18万人のノンコン県では、感染源不明の2人の市中感染者が確認され、状況が悪化しつつある。一方でゲアン省では、感染者数が1000人を超えることを想定して、更に4か所の野戦病院を設立する準備をしている。ハティン省は、感染者数が1000人を超え、2万人以上が隔離された場合の対策シナリオを準備している。

ハノイ市は、社会隔離措置が1か月経過した後で、9月6日まで社会隔離措置延長を決めた。ハノイ市の一日あたりの新規感染者数は50人程度で推移している。しかし、直近の24時間(8月24日の18時から8月25日の18時まで)では、ハノイ市の新規感染者数は93人となり、そのうち78%の73人が市中感染であった。この前日は新規感染者数が67人で、市中感染の割合は49%しかなかった。

ハノイ市人民委員会のチュー・ゴック・アイン主席は、市内のレッドゾーンの感染が徐々に制御されつつある中で、タインスアン区が最も感染リスクの高い地域になっていると指摘した。現在タインスアン区の11街区のうち10街区で感染者が確認されている。

出典:26/08/2021 VNEXPRESS
上記を参考に記事を翻訳・編集・制作