ベトナムニュース【不動産】|ビンズン省の高級マンションに注目、投資案件が活性化

(C)THANH NIEN

 多くの投資家は、ビンズン省トゥアンアンエリアの工業地帯や工業団地に隣接する高級マンション物件を、外国人の専門家や労働者に賃貸できる魅力的な投資案件と見ている。

投資家にとっての「グッドディール」

 高級マンションの賃貸モデルは2016年からホーチミン市で盛んになり、最近ではビンズン省など工業エリアにも広がっている。
不動産情報サイトの情報によると、ホーチミン市1区、7区、2区の高級マンションの賃貸価格は広さや立地によって月額2000万~6000万VND、9区とトゥードゥック区では1500万~2500万VND程度となっている。

 一方、ビンズン省の中心部であるトゥアンアンエリアでは1500万~2000万VND程度で賃貸が可能だ。一般的に住居が密集しているエリアに近いほど賃貸がしやすく、投資効率が向上する。
したがって、投資家にとって重要なのは、これから人気が高まる可能性のある賃貸物件を、合理的な初期投資額で入手することである。

トゥアンアン投資家にとって魅力的

 ホーチミン市の不動産物件の供給が不足するなか、投資家は価格が比較的安価で、今後の発展可能性が高い衛星都市に目を向け始めている。

 ホーチミン市に隣接するビンズン省トゥアンアンエリアは、インフラが整備されてきており、住みやすい衛星都市と見なされている。
さらに、ホーチミン市、ビンズン省、ドンナイ省という南部主要経済トライアングル内に位置し、今後の経済発展も見込まれている。

 トゥアンアンには、VSIP、ベトフーン工業団地、ドンアン工業団地、アンタン工業団地など多くの大規模な工業団地が存在し、2368社以上の企業と、数十万人規模の労働者や外国人専門家が働いている。

 近年、トゥアンアンは外国企業にとって魅力的な投資場所となっており、数百人もの外国人専門家が生活しているとみられている。

出典:12/11/2020 THANH NIEN
上記を参考に記事を翻訳・編集・制作