ベトナムビジネスならLAI VIENにお任せください!入国許可、労働許可証、法人設立、現地調査、工業団地紹介などあらゆる業務に対応します!お気軽にご相談ください!

ベトナムニュース【COVID-19】ホーチミン市の空港で新たに4人が陽性

(C)VNEXPRESS

2月8日の早朝、ベトナム保健省は、ホーチミン市のタンソンニャット国際空港で働く4人の男性から新たに陽性が確認されたと発表した。

新たに確認された感染者番号2002番から2005番までの情報は下記の通り
患者番号2002番:41歳男性、タンビン区在住
患者番号2003番:30歳男性、12区在住
患者番号2004番:28歳男性、12区在住
患者番号2005番:32歳男性、1区在住

今回陽性が確認された4人は、タンソンニャット国際空港で荷物の積み下ろし作業をおこなうスタッフで、患者番号1979番の同僚であった。4人は治療と隔離のためにクチ野戦病院に入院した。これによりホーチミン市の感染者数は、ハイズン省での最初の発生から11日間で6人となった。

ホーチミン市疾病管理センター(CDC)によると、今回のクラスターについて、旅客との接触はなく空港における全てのF1および、F2を追跡出来ているとしている。タンソンニャット国際空港は今のところ正常に稼働しているが、空港内の感染防止対策は強化されており、空港利用者は、保健省の定める感染防止対策の厳格な遵守が求められている。

これにより、1月28日の市中感染確認から2月7日までの10日間でベトナム全体ではハイズン省、クアンニ省、ザライ省など12の省と市で422人の感染が確認されたことになる。
ベトナムの総感染者数は2005人となり、そのうち1472人が退院済み、35人が死亡、残りが病院で治療を受けている。治療中の患者の殆どは容態が安定しているが、5人が重症となり、特にダナンの79歳の女性は、非常に危険な状態となっている。

現在、濃厚接触の疑いまたは、海外からの入国により隔離されている人の数は8万3000人。そのうち病院での隔離が700人、集中隔離施設での隔離が24000人で、残りは自宅か宿泊施設での隔離となっている。

出典: 08/02/2021– BAO TUOI TRE
上記を参考に記事を翻訳・編集・制作