ベトナムビジネスならLAI VIENにお任せください!入国許可、労働許可証、法人設立、現地調査、工業団地紹介などあらゆる業務に対応します!お気軽にご相談ください!

ベトナムニュース【社会】ベトナム女性の就業率は70%以上も格差是正には課題が残る

(C)TUOI TRE

国際労働機関(ILO)ベトナム事務所が新たに発表した調査報告書によると、ベトナム人女性の就業率は70%以上で、世界平均の50%未満を大きく上回っている。
ベトナム人女性の労働環境は以前に比べれば改善されているが、それでもなおベトナムの女性は依然として男性と比べて雇用機会、労働時間などで不平等な扱いを受けている。

IOLベトナムによるベトナムの労働市場とジェンダーに関する調査報告書によると、労働年齢に達している女性のうち70%以上が仕事をしている。これは、世界平均の47.2%、アジア太平洋地域平均の43.9%を大幅に上回っている。

ベトナムの就業率の男女格差は、世界的に見ればかなり小さいと言えるが、それでも過去10年間、この差は9.5%のまま変わっていない。

2018年の労働雇用調査のデータによると経済活動に従事していない女性のおよそ半数が、「個人または家族の問題」をその理由に挙げている。一方で、経済活動に従事していない男性の場合、同様の理由を挙げている人は18.9%しかいない。

報告書はまた、経営幹部の女性比率が低すぎると指摘している。女性は労働力のほぼ半分を占めているにもかかわらず、経営幹部と管理職では、1/4程度の比率にとどまっている。例えば、政府機関の女性幹部の割合は、29.7%にとどまり、男性が70.3%を占めている。また、外国直接投資(FDI)企業においても管理職の割合は、女性が34.1%に対して男性は65.9%となっている。

一方で女性は週に平均20.2時間を家の掃除、洗濯、料理、買い物、家族や子供の世話に費やしているのに対し、男性は平均10.7時間しか費やしていない。しかも男性の20%近くは、家事に一切時間を費やしていないのだ。

また、女性労働者は新型コロナ感染拡大の影響も受けている。2020年の第2四半期の女性の週間労働時間は、2019年の第4四半期と比べて88.8%となっており、男性は91.2%であった。ただ、この状態は2020年末には解消されてきており、2020年第4四半期の女性の週間労働時間は、前年同期比で0.8%上昇している。

「女性は、男性に比べて家事により多くの時間を費やさなければならないため、女性は男性よりも仕事時間の負担が重くなります」とIOLベトナム事務所の労働経済専門家であり、今回の調査の筆頭執筆責任者でもあるバレンティーナ・バルクッチ氏は問題点を指摘する。

ILOベトナム事務所のチャン・ヒー・リー博士は、次のように話す。「労働市場における男女不平等の根本的な原因は、女性が果たすと期待される伝統的な役割に対する社会的な圧力です」

『政策レベルではあるが、2019年の労働法は、定年退職年齢差を縮めたり、一定の業種への女性の参画制限を撤廃したりするなど、男女格差を是正するように努めている。しかし、それでもまだベトナム社会は、解決すべき困難な課題を抱えている。それは労働市場での格差を是正するために、ベトナム男性のみならずベトナム女性自身の考え方を変えることだ』と報告書は指摘している。

出典:04/03/2021 TUOI TRE
上記を参考に記事を翻訳・編集・制作