ベトナムニュース【経済】唐辛子価格が急騰

(C) VNEXPRESS

唐辛子の産地中南部光源地方のザライ省では、最近の唐辛子の1㎏あたりの出荷額が8万5000~9万5000VND程度まで跳ね上がっており、一時は12万ドンにまで高騰した。この価格は過去10年を見ても記録的な値上がりだ。

テトを控えたある日、ザライ省で農家を営むチャン・コン・ホイさん(60歳)は、妻と5人の従業員と一緒になって、今日中に出荷できるようにと唐辛子の収穫に汗を流していた。ホイさんが収穫を急ぐのには訳がある。明日になって唐辛子価格が暴落することを恐れているのだ。

ホイさんの唐辛子農園は2500㎡あり、昨年10月に植えた唐辛子の木がちょうど最初の収穫時期を迎えている。ホイさんによると唐辛子の木は、大切に育てれば最初の収穫以降も何ヶ月にもわたって収穫が可能となるそうだ。

ホイさんは自分の農場の規模から見て、今回の収穫量は約5トンに達すると見込んでいる。「もし、ここ最近のような高値が継続するようなら、今回の収穫で諸経費を除いても私たち家族には4億ドン以上の収入が残るでしょう。長年唐辛子の栽培をしてきましたが、今回のような高値を見たのは初めてですよ」とホイさんは興奮して話してくれた。
通常なら、唐辛子の出荷価格は1 kgあたり10,000〜20,000 VND程度しかないので、ホイさんは収穫に人を雇うことができず夫婦で収穫にあたらなければならない。それでも時には、数千万ドンの損失になることもある。しかし今年は唐辛子の価格が高騰したため、ホイさんは収穫のために5人の労働者を一人当たり一日15万ドンで雇うことができた。(労働者一人当たりの収穫量は1日50~60kgになる。)

ホイさんの農園から3kmほど離れた所で唐辛子農園を経営するグエン・バン・ミンさんのところでも最初の収穫が始まっていた。ミンさんも収穫のために5人の労働者を雇った。5人が袋いっぱいの唐辛子を収穫し終えて戻ってくると、ミンさんは急いで荷造りをして、収穫した唐辛子をバイクで家まで運んだ。 「今日の午後に仲買人が突然うちにやってきてキロ当たり9万5000VNDの買い取り価格を提示したんだ」とミンさんは説明してくれた。
ミンさんは唐辛子農家として10年以上の経験があるが今年のような並外れた高値は経験したことがないという。ミンさんの農園では約3トンの唐辛子が収穫できる見込みで、そのすべてが9万5000VNDで販売できれば、経費を差し引いてもミンさん一家には2億ドン以上が残る計算だ。

ザライ省ダックポー県農業農村開発局のグエン・ヒエップ局長によると、唐辛子の価格はこの2ヶ月で急激に上昇し、1kgの価格が10万から12万ドンになったこともあったそうだ。
この唐辛子価格の急激な上昇についてヒエップ局長は、中部地方の各省で台風と洪水の被害により唐辛子の作付けが出来なかったことと、寒波によって北部の各省で多数の作物に被害がでたことが原因ではないかと話す。また中国での唐辛子価格の高騰が影響しているという見方もでている。

ザライ省には、多くの唐辛子農家が存在しており、唐辛子の作付け面積は省全体でおよそ2500ヘクタールに達している。
一方で地元の政府機関は、供給量が上がれば価格が暴落する可能性があるとして、農家に対して唐辛子の作付け面積をこれ以上拡大しないように忠告している。

出典:25/01/2021 VNEXPRESS
上記を参考に記事を翻訳・編集・制作