ベトナムビジネスならLAI VIENにお任せください!入国許可、労働許可証、法人設立、現地調査、工業団地紹介などあらゆる業務に対応します!お気軽にご相談ください!

ベトナムニュース【COVID-19】 ホーチミン市5月10日から登校を停止しオンライン授業へ

(C)VNEXPRESS

5月6日のホーチミン市人民委員会の決定によると、各学校では5月10日からベトナムの2020年度末まで生徒の登校を停止し、オンライン授業に切り替える。

上記の決定は、ホーチミン市教育訓練局の提案に基づいて実施された。但し中学3年生と高校3年生に関しては、卒業試験の準備のため、各学校の状況に応じて校長が対面授業の計画を検討、立案することができる。

各区の教育訓練室と学校長には、生徒と教員の安全に責任を負い、学校内での安全基準の順守と保健省の定める感染防止対策への対応が求められる。

なお、実験や実習など学習内容によってオンラインでの実施が難しい場合、学校長は、適切な実施方法について主導的に選択、決定できるとされている。

ホーチミン市人民委員会は、2020年度の年度末試験を完了していない生徒に対する再試と追試の実施に関しては容認するとしている。また各教育施設は、国際的な資格試験については国際基準に合わせた日程で開催をできるとされている。

5月5日の夜、教育関連機関と各学校は、感染拡大を阻止するために年度末試験を5月9日までに終了させる方策についての緊急会議を開催した。これにより、殆どの高校が一日あたりの試験科目を追加して、従来の計画よりも早い5月9日までに試験を完了させることとなった。

小中学校については、教育訓練室が年度末試験のスケジュール調整をおこない、1年生から4年生については、学校が独自に早急な試験計画を定め、5年生については教育訓練室が試験日程を調整し、全ての試験を5月9日までに終了させることで合意した。

現在ホーチミン市には幼稚園から高校までの170万人以上の生徒が存在する。ホーチミン市の年間教育計画では、当初5月22日が年度末試験の期限で、その後1週間かけて復習をおこない、終業式を迎えることになっていた。

先日の4月30日の祝日には、ホーチミン市内の9万人以上の生徒と教師が帰省したとみられており、その内15人は、ドンナイ省で陽性が確認された患者と同じ飛行機に搭乗していたことが判っている。この15人は現在いずれも隔離施設にて隔離されている。

出典:06/05/2021 – VNEXPRESS
上記を参考に記事を翻訳・編集・制作